年齢肌のサインにはとにかく保湿が大事

Written by on 2018年7月12日

年齢肌のサインとして多くの方が気になるのが、シミ、しわ、たるみなどです。これらの多くはお肌の乾燥が関係しています。

年齢とともにお肌のコラーゲンの生成が減ってしまいます。このコラーゲンはお肌の細胞同士をつなぐ働きがありますので、これが減少することで保湿力も低下して乾燥しやすくなります。

 

乾燥することでしわもできやすくなり、肌はたるんだり毛穴も開いた状態になりますし、さらにはバリア機能も低下することで紫外線の影響も大きくなりシミもできやすい状態です。

ですから年齢肌の対策として1番重要な事は、とにかく保湿を心がける事です。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが配合されている化粧品を選ぶ事で、保湿力を高めていく事が出来ます。

 

また、洗顔の方法も見直してみましょう。洗髪する時と同じぐらいの温度で顔を洗う方も多いかも知れませんが、これでは温度は高すぎます。

 

顔の必要な脂が落ちすぎて乾燥してしまいますので、32度ぐらいの温度に設定して洗うようにする事をお勧めします。

 

さらに、洗顔の際にはフォームの場合には良く泡立てて泡で洗う感覚で洗顔しましょう。

 

手でごしごししてしまったら摩擦でお肌にダメージが与えられてしまいますので要注意です。

0 Responses to 年齢肌のサインにはとにかく保湿が大事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です