夏だからこそたっぷり保湿を

Written by on 2018年6月12日

スキンケア商品は年中同じものを使っているという人もいれば、季節によって変えているという人もいます。

できれば、肌の状態や季節に合わせて変えるのが理想です。但し、間違った商品を選んでしまっていたら、効果が実感できなかったり、逆効果にもなってしまいます。

冬場は乾燥を防ぐ為に、しっとりタイプで保湿性も高めのものを使われますが、夏場であっても肌は乾燥します。

よく、Tゾーンがテカる、化粧が浮くなどで脂質肌だと思い、夏場はさっぱりタイプの商品を使っている人もいますが

乾燥しているからこそ、脂の分泌が過剰になり、テカり等の原因となったりします。

乾燥を抑えてあげると、肌が徐々に落ち着き始めて、テカり等もおさまってきます。

夏場は特に紫外線も多く浴びたり、日焼けもします。

肌から水分が蒸発してしまうのも早いので、必ず最後に保湿クリームで蓋をして 肌の水分を逃さないようにする事が大切です。

夏なのにベタつきがあり不快感を感じる部分もありますが、商品によってはベタつきが少なくても高保湿のものはあります。

また、こうした乾燥肌なのに脂質肌だと間違い認識をしてアルコール入りの拭き取り化粧水を使ってしまうのは危険です。

乾燥肌が更に酷い状態になってしまいます。アルコールは揮発性が高く、拭き取り化粧水等に含まれている場合、

それを使う事で元々肌にある水分を絡めながら揮発してしまいます。

スーッとした感覚がある化粧水等にはアルコールが入っていますので、注意が必要です。

夏だからこそしっかり保湿をして乾燥を防ぎ、肌を落ち着かせましょう。

0 Responses to 夏だからこそたっぷり保湿を

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です