乾燥肌には水分必須!化粧水をたっぷりと使おう

Written by supershot on 2020年4月5日

【最近気になる肌の悩みは…乾燥肌!】

肌を触ると以前はしっとりだったのに今はかさかさとした肌触り…。10代の姪っ子を見ると元気な張りのある雪見だいふくのような美味しそうな肌に羨ましいです。

元々乾燥肌だったのが年々水分蒸発量が増えていってしまう所為かかさかさの度合が凄いです。しかも腹立つのが目立つ所ばかりなんですよね…両眉の間で顔のまさにど真ん中!だったり、花粉症の為鼻をかむ度に皮がむける上にこれも顔のど真ん中…周りは気にしていないとは分かりつつもコンプレックスはどうしても気にしてしまうんですよね。

剥けた皮がひらひら~となりそれを取る内にどんどん広がり赤くなり余計に目立って…とどうしても悪循環で嫌になります。

【高価な化粧品を使っても…スキンケア失敗談】

悩みを減らす為に化粧品店へ行って相談し、購入しましたよ高価な化粧品。高価といっても1本3500円位ですが自分にはかなり贅沢品。…それがいけなかったんですね…高価だから大胆に使えずちまちまと言われた使用量よりかなり少ない量でケアしました…結果全く変化なしという徒労に終わりました。

 

【洗顔が大事なのはもちろん】

ちゃんと汚れが取れないと化粧ノリもよくなりません。私は泡洗顔のどろあわわ(口コミ:http://www.thebeeinc.com/)を使っています。持っとり泡がとても印象的な洗顔料で、私の肌にもあうみたい。洗顔後も顔がつっぱることなくモッチリ肌になるのが特長かな。

【乾燥肌に合う自分なりのコスメの選び方】

発想の転換で高価でいくらいい化粧品でも少量では意味がない!でも貧乏性な自分には多量に使う事が出来ないので発想の転換でドラッグストアでも売られている安価な化粧品を多量に使う事にシフトしました。

安価とはいっても自分に納得いく商品を選びたいと思い水分にはなんとなくヒアルロン酸だよねーと単純に考えそれを強調している商品で手ごろな物を選びました。値段は1本900円位。それを使用量の通りに使った時の肌のしっとり感はやはり違いますねー気持ちいいです!

多量に使う事で気分も開放的になりカサカサも以前より少なくなりスキンケアが楽しくなりました。効能は勿論ですが量もとても大事だなと痛感しました^^

Continue Reading

ずぼらだけど簡単にヘアケア

Written by supershot on 2020年4月3日

ヘアケアや美容について、私はどちらかというと関心がない方だと思います。

髪質は柔らかくてうねりなどが気になるのですが、のばさずショートにしています。

しかし年齢的にそうも言っていられない歳になってきました。

以前よりも髪のパサつきが(特に夏場は)気になります。

使用している商品は、シャンプー・コンディショナー共にCurel製品です。

時々違う香りも試してみたくなり購入しますが、やはりCurelに戻ってきます。

シャンプーをするときは、爪でひっかかないよう優しく洗い、コンディショナーはすぐに流さず5分くらい付けておきます。

強すぎる香りがしたり、ねとねとするのにお湯で流すとパサつく商品などチャレンジしてみてもがっかりすることの方が多いです。

ずぼらな私が、簡単でかつ効果を感じたのはヘアオイルです。

初めてミルボンを買おうとして、間違えてArumikを購入してしまったのですが、意外と使い心地が良く驚きました。

しかしパッケージデザインはミルボンを意識しているような気がします。

商品はドン・キホーテで500円で購入できました。

ピンクのボトルに入った乳液のようなオイルと、オレンジのボトルに入った透明のオイル、まとめ買いをしてどちらも使用しましたが、ピンクの方がべたつかず、髪に馴染むようで気に入りました。

その後はエメリルオイルを使っています。使った後は髪の毛にスーッと指が通るので私のお気に入りです。アットコスメやエメリルオイルの口コミや評判を載せいているサイトをチェックして選びました。

エメリルオイルは解約や休止も簡単なので利用しやすいのがメリットです。

それまでは薬局で購入したものを使っていましたが、1000円以内でArumikほど効果を実感できたものはなかったのでお勧めです。

いくらずぼらでも、風邪をひかないようにドライヤーくらいはするのでヘアオイルを塗ることが簡単・効果の高いヘアケアだと感じます。

Continue Reading

ずぼらだけど簡単にヘアケア

Written by supershot on 2020年3月26日

ヘアケアに関心ない私

ヘアケアや美容について、私はどちらかというと関心がない方だと思います。

髪質は柔らかくてうねりなどが気になるのですが、のばさずショートにしています。

しかし年齢的にそうも言っていられない歳になってきました。

以前よりも髪のパサつきが(特に夏場は)気になります。

使用している商品は、シャンプー・コンディショナー共にCurel製品です。

時々違う香りも試してみたくなり購入しますが、やはりCurelに戻ってきます。

強すぎる香りがしたり、ねとねとするのにお湯で流すとパサつく商品などチャレンジしてみてもがっかりすることの方が多いです。

オーダーメイドシャンプーって?

オーダーメイドシャンプーが気になります。自分オンリーのオリジナルシャンプーで有名なのはメデュラ(⇒https://medulla-review.com/)で、色とりどりのシャンプーを使えるので髪を洗うのも楽しくなってくるんだろうなって思います。

オーダーメイドだからスカルプケアで悩んでいる女性にもおすすめなんですよね。

メデュラを使ったからってこれと言って特別なケアが必要なのではなく、これだったら私も使えるかなって思います。

ヘアオイル使っています

ずぼらな私が、簡単でかつ効果を感じたのはヘアオイルです。

初めてミルボンを買おうとして、間違えてArumikを購入してしまったのですが、

意外と使い心地が良く驚きました。

ドン・キホーテで500円で購入できました。

ピンクのボトルに入った乳液のようなオイルと、オレンジのボトルに入った透明のオイル、まとめ買いをしてどちらも使用しましたが、ピンクの方がべたつかず、髪に馴染むようで気に入りました。

それまでは薬局で購入したものを使っていましたが、1000円以内でArumikほど効果を実感できたものはなかったのでお勧めです。

いくらずぼらでも、風邪をひかないようにドライヤーくらいはするのでヘアオイルを塗ることが簡単・効果の高いヘアケアだと感じます。

Continue Reading

足してばかりのスキンケアは効果なし

Written by supershot on 2020年2月3日

ミドル世代のスキンケア

ミドル世代のスキンケアは難しいですね。
若い頃のスキンケアを引きずりたくなりますがそうすると肌の調子が今ひとつ。

オールインワンジェルが楽なので、最近はシズカゲルを使っていますが、シズカゲルの口コミを見ると良い評判も悪い評判もあり一長一短みたい。

自分の年齢にあったスキンケアにシフトすると初めは効果がわかりづらい。
効果がわからないから右往左往してスキンケアが苦手になったりストレスに感じ出すんです。

わたしは40代のはじめ自分のスキンケアに自信をなくしました。
30代の頃のスキンケアをすると物足りなくて何を足せば良いのかで悩みました。

足すばかりが脳じゃない

美容液の類いを足してみたりフェイスパックを始めてみたり、スキンケアにお金と時間を使い始めました。
しばらくスキンケアの迷子状態になりながら肌の調子を確認して思ったのは「足すばかりが脳じゃない」ということ。

年取って肌が衰えてくると何かを足さなければいけないという感覚になりやすい。
若さを失った分美容成分を足さなければいけないという妙な感覚になっていたんです。

でもそれは違っていました。
年を取ったらスキンケアを根本的に見直すことが大事だったのです。

足してばかりのスキンケアでは本当の満足はできません。
わたしは生活スタイルを見直して基礎化粧品は肌の様子を見ながら使っています。

Continue Reading

手作りヘアオイルは有りか無しか

Written by supershot on 2020年2月3日

50歳になり、10年ほど前から徐々に増えだした白髪も定着しだして、もう無駄な抵抗はやめて完全に白髪染めのお世話になるようになりました。

その一方で髪質は30代半ばぐらいから変わりはじめ、ツルツルのずっしりとした髪の毛が乾燥したゴワゴワなうねる髪になり、かなり扱いに困っています。

顔や体と同じように髪の毛も老化するのだなぁと思っています。現在シャンプーとその後のコンディショナーの他に、ドライヤーを使った乾燥時と朝起きた時に使うヘアオイルは自作をしています。

ヘアオイルについてはエメリルオイルがおすすめ。ロレッタやエメドットなども有名だけど、最近人気があるのはエメリルオイルです。

エメリルヘアオイルの口コミをチェックすると、髪のパサつきや枝毛や切れ毛が無くなって良いみたいですね。

顔や全身に使える市販のマッサージオイルに精製水と、これまた自作のビワの葉エキスを少量混ぜて、スプレーに入れて数回吹きかけるようにして使っています。

そのあとはするっと手ぐしが通るようになり、整えやすくまとまりやすくなり重宝しています。

安心安全ということとコスパ的にもかなりお得なので周りにも勧めているのですが、やはり面倒なことと夏場などは保存がきかず1回にたくさんを作れないので、なかなか浸透していきません。

確かに忙しい時はこまめに作ることが面倒になります。

安価で、無添加でも極力保存がきく安心な製品があれば、私もそちらの方がいいかなぁと思ったりはします。

Continue Reading

年齢肌のサインにはとにかく保湿が大事

Written by supershot on 2018年7月12日

年齢肌のサインとして多くの方が気になるのが、シミ、しわ、たるみなどです。これらの多くはお肌の乾燥が関係しています。

年齢とともにお肌のコラーゲンの生成が減ってしまいます。このコラーゲンはお肌の細胞同士をつなぐ働きがありますので、これが減少することで保湿力も低下して乾燥しやすくなります。

 

乾燥することでしわもできやすくなり、肌はたるんだり毛穴も開いた状態になりますし、さらにはバリア機能も低下することで紫外線の影響も大きくなりシミもできやすい状態です。

ですから年齢肌の対策として1番重要な事は、とにかく保湿を心がける事です。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが配合されている化粧品を選ぶ事で、保湿力を高めていく事が出来ます。

 

また、洗顔の方法も見直してみましょう。洗髪する時と同じぐらいの温度で顔を洗う方も多いかも知れませんが、これでは温度は高すぎます。

 

顔の必要な脂が落ちすぎて乾燥してしまいますので、32度ぐらいの温度に設定して洗うようにする事をお勧めします。

 

さらに、洗顔の際にはフォームの場合には良く泡立てて泡で洗う感覚で洗顔しましょう。

 

手でごしごししてしまったら摩擦でお肌にダメージが与えられてしまいますので要注意です。

Continue Reading

皺やシミのないお顔を目指したい

Written by supershot on 2018年6月21日

これは男性でも女性でもある年齢になると鏡を見る度に気になることだろうと思いますが、それと言うのが顔の皺やシミについてのことです。

 

何を隠そう私もこれについては常に気になっています。アンチエイジングという言葉がありますが、あの言葉が意味する通り、美的な意味で年相応以下に若く見られたいという願望は、男女問わず持ち合わせているものだと思います。

人間の皮膚の中でも顔の皮膚は薄く、刺激に弱いので、スキンケアには慎重性が必要となります。

 

私は自分が気にしている皺やシミを予防する策として、洗顔時には石鹸を泡立てて使うことにしています。

しかも、その泡は泡立て用のタオルを用いたとても厚い泡です。

泡を厚くすることによって指や、手のひらが直接地肌にあたることがありません。

これがポイントです、刺激に敏感な顔の皮膚は、指先などのちょっとした刺激でも傷つくことがあり、それが皺やシミの原因になると考えられます。

それを知ってからというもの、私はいつもこの手順で洗顔を行っています。一つ手間になるのですが、長期的に見て老いの後悔が減るなら、それでも良いと思います。

石鹸を洗い流してからは、顔に化粧水を塗ります。この時も、なるべく指が顔にあたらない方が良いとされるので、柔らかいコットンで塗ることにしています。

Continue Reading

夏だからこそたっぷり保湿を

Written by supershot on 2018年6月12日

スキンケア商品は年中同じものを使っているという人もいれば、季節によって変えているという人もいます。

できれば、肌の状態や季節に合わせて変えるのが理想です。但し、間違った商品を選んでしまっていたら、効果が実感できなかったり、逆効果にもなってしまいます。

冬場は乾燥を防ぐ為に、しっとりタイプで保湿性も高めのものを使われますが、夏場であっても肌は乾燥します。

よく、Tゾーンがテカる、化粧が浮くなどで脂質肌だと思い、夏場はさっぱりタイプの商品を使っている人もいますが

乾燥しているからこそ、脂の分泌が過剰になり、テカり等の原因となったりします。

乾燥を抑えてあげると、肌が徐々に落ち着き始めて、テカり等もおさまってきます。

夏場は特に紫外線も多く浴びたり、日焼けもします。

肌から水分が蒸発してしまうのも早いので、必ず最後に保湿クリームで蓋をして 肌の水分を逃さないようにする事が大切です。

夏なのにベタつきがあり不快感を感じる部分もありますが、商品によってはベタつきが少なくても高保湿のものはあります。

また、こうした乾燥肌なのに脂質肌だと間違い認識をしてアルコール入りの拭き取り化粧水を使ってしまうのは危険です。

乾燥肌が更に酷い状態になってしまいます。アルコールは揮発性が高く、拭き取り化粧水等に含まれている場合、

それを使う事で元々肌にある水分を絡めながら揮発してしまいます。

スーッとした感覚がある化粧水等にはアルコールが入っていますので、注意が必要です。

夏だからこそしっかり保湿をして乾燥を防ぎ、肌を落ち着かせましょう。

Continue Reading

大人ニキビは治りにくい

Written by supershot on 2018年6月12日

私は思春期の頃はニキビがほとんど出来ず、お肌に悩みは無かったのですが、23歳頃から、大人ニキビに悩まされる様になりました。

会社勤めになり食事時間も睡眠時間もバラバラ、ランチは毎日外食、週に一度は飲み会という生活の影響もあったかもしれません。

大人ニキビはおでこには全然出来なくて、?の下の部分とあごに集中的に出来てしまいました。

コンシーラーやファンデーションでカバーする為に、厚塗り厚塗りの毎日で、帰宅をしてお化粧を落とすのは、毎日22時過ぎ、なんていう生活をしていれば、良くなる訳もなく、酷くなる一方でした。

ニキビ用の基礎化粧品のプロアクティブを試しましたが、思春期ニキビ用なのか、私の肌に合わなかったのか、乾燥してお肌がカサカサしてきてしまいました。プロアクティブは使い切る事なく、やめてしまいました。

次に試したのはクリニークのオイリー肌用の基礎化粧品です。

こちらは比較的肌にあって、ニキビが減ることは無かったですが、ニキビ以外の肌トラブルは無くなりました。

トラブルは無くなりましたが、ニキビは減らず何年も悩んでいましたが、28歳位になった頃にだんだんと治ってきました。

現在は30代になりましたが、新しいニキビは全く出来なくなりました。

Continue Reading